ホーム世界史インド、東南アジア、中国、アメリカの古代文明→(基本)東南アジアの歴史

1.ベトナム北部

ベトナム北部の概要は以下のとおりである。

銅鼓どうこなどの金属器を使用した初期の文化として、ドンソン文化が存在した。年代は、諸説あるようである。

・前2世紀頃から10世紀半ば頃までは中国に服属した。

・10世紀半ばから後半にかけて、短命政権ながら、呉朝ごちょう丁朝ていちょう前黎朝ぜんれいちょうの独立国家が成立した。

・11世紀に入ると、1009年に李朝が成立した。1054年に国号を大越だいえつとした。

・13世紀に入ると、1225年に陳朝が成立した。民族文字である字喃チュノムが制定された。

※「大越」という国号は1054年~1804年まで使われた。

2.ベトナム南部

2世紀末に、オーストロネシア語系民族であるチャム人チャンパーを建国した。チャンパーの中国名は林邑りんゆう(2世紀~8世紀)、環王かんおう(8世紀~9世紀)、占城せんじょう(9世紀~15世紀)であった。チャンパーは少なくとも17世紀までは存続し、長期的に持続した。中継貿易で栄えた。

※Wikipediaでは、チャンパーの主要住民を「古チャム人」と表記している。

3.カンボジア

カンボジアの概要は以下のとおりである。

・1世紀から7世紀にかけて、メコン川下流域に扶南ふなんが存在した。民族系統はクメール人ともマレー人とも言われ、はっきりしない。ヒンドゥー教や仏教を受容していたようである。外港であるオケオの出土品から、中継貿易で栄えたことがうかがえる。7世紀に真臘しんろうによって滅ぼされた。

・6世紀に、オーストロアジア語系民族であるクメール人真臘を建国した。8世紀に分裂した後、802年頃に再統一された。国家は15世紀まで存続したが、再統一以後はアンコール朝と呼ぶのが一般的なようである。

・アンコール朝の王都遺跡であるアンコール・トムと、著名な寺院であるアンコール・ワットが有名である。アンコール・ワットは、アンコール朝の時代はヒンドゥー教の寺院であったが、後に仏教寺院となった。

※「扶南」、「真臘」は中国名である。

4.ビルマ

・4世紀から9世紀にかけて、エーヤワディー川流域にチベット・ビルマ系民族のピュー人の国家が存在していた。9世紀に南詔の攻撃により滅亡したようである。

・1044年に、エーヤワディー川流域にチベット・ビルマ系民族のビルマ人が、パガン朝を建国した。上座部仏教を受容した。滅亡年については諸説あるが、1300年前後であることは確かなようである。

※エーヤワディー川の旧称はイラワジ川である。

5.タイ

・6世紀ごろから11世紀ごろにかけて、オーストロアジア語系民族であるモン人が、チャオプラヤー川下流域にドヴァーラヴァティーを成立させていた。上座部仏教を受容した。

・13世紀から15世紀にかけて、タイ・カダイ語族のタイ族が、スコータイ朝を成立させていた。上座部仏教を受容した。

6.スマトラ島

・7世紀ごろから14世紀ごろにかけて、シュリーヴィジャヤ王国が存在した。民族系統については、参考文献に記述がない。パレンバンを拠点とした海上交易で繁栄した。大乗仏教を受容し、その様子は唐僧である義浄南海寄帰内法伝なんかいききないほうでんに記されている。11世紀に南インドのチョーラ朝から攻撃を受けて、衰退した。

7.ジャワ島

・8世紀から9世紀にかけて、ジャワ島中部にシャイレンドラ朝が存在した。民族系統については、参考文献に記述がない。大乗仏教を受容した。大乗仏教寺院であるボロブドゥールが建立された。9世紀にシュリーヴィジャヤ王国と合邦した。

・8世紀から9世紀にかけて、ジャワ島中部に古マタラム王国が存在した。民族系統については、参考文献に記述がない。ヒンドゥー教を受容した。古マタラム王国が建てたとされるヒンドゥー教寺院群がプランバナンである。

・10世紀から13世紀にかけて、ジャワ島東部にクディリ朝が存在した。古マタラム王国が移動して成立した王朝である。シンガサリ朝によって滅ぼされた。

ワヤン・クリ…ジャワ島の伝統的な影絵芝居。主な演目に『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』があるが、クディリ朝のときにジャワ語に翻訳された。

・クディリ朝の滅亡後にヒンドゥー教を受容したシンガサリ朝が成立したが、13世紀のうちに滅亡している。

・シンガサリ朝滅亡直後に、ジャワ島東部にマジャパヒト王国(マジャパイト王国)が成立した。ヒンドゥー教を受容した。1293年に成立したのは確実なようであるが、滅亡年は1478年説と1520年頃説があるようである。

8.港市国家

港市国家こうしこっか…交易を行う港を基盤として発展した国家のこと。東南アジアの諸国家にこの特徴が見られた。

Copyright © 2011-2020 I&T Soft All rights reserved.